読み物 古典・新作

講談一席から出前講談致します。下記にご紹介いたしましたのは主に新作ですが、このほか古典講談もいろいろございます。ご遠慮なく「お問い合わせ」からご連絡くださいませ。

「人物伝」

華岡青洲(新派のお芝居でも知られる名医 江戸の後期に世界初の全身麻酔による乳がん摘出手術に成功)

小村寿太郎(ポーツマス条約を締結させた明治時代の名外交官 小さな島国日本の名を世界に轟かせた誠の政治家)

大久保長安(「徳川埋蔵金」を掘り当てたのはこの人のお蔭!徳川家康の懐刀と言われながら非業な最期を遂げる)

吉川経家(秀吉の兵糧攻めに己の命を賭して民衆を救った名将)

安井息軒(森鴎外の短編小説「安井夫人」で知られる夫婦の愛 差別に屈する事なく教育に力を注いだ息軒と支えた妻)

唐人お吉(開国という大きなうねりに翻弄された哀れな女性)

三島海雲(カルピスの創始者 夏の風物詩、お中元の定番、老若男女に人気のカルピス誕生秘話)

野村望東尼(高杉晋作と交流のあった勤王女流歌人 高杉の辞世の句「面白き ことの無き世を 面白く」の後の句を詠んだ)

戦国女子おつやの物語(岐阜県の岩村城を守った女城主)

今越清三郎(幼い頃賜った情けを生涯忘れず、地元金沢の名産「金箔」でその名を轟かした職人 乃木将軍との銅像にもなる)

石田梅岩(江戸中期の学者で石門心学の祖。渋沢栄一、松下幸之助、稲盛和夫、孫正義とその時代時代を代表する経営の父が注目した)

渋沢栄一(人々の豊かな生活の為奮闘した偉人 板橋にゆかりのある養育院(現 東京都長寿医療センター)を守った博愛の人)


「文芸物」小説や戯曲、漫画等の文芸を元に講談に

九十九両(長谷川伸作)

婦系図(泉鏡花作)

人魚姫(アンデルセン作)

四谷快談(手塚治虫作)


「青春もの」現代を舞台に若者の葛藤を描く青春講談 

風切羽 

縁側のユニフォーム

里のおばぁちゃん


「古典色々」

赤穂義士伝、孝子伝、名工伝、良妻もの、大岡政談など